北海道 札幌市 白石駅 すぐ。子供の歯並び相談、子供の矯正 根本矯正 顎顔面矯正 歯並び 治療 は 三好プリベント歯科まで。

子供の歯並び顎顔面矯正

三好プリベント歯科

札幌市白石区平和通3丁目北5-22 JR白石駅すぐ

「矯正サイトを見た」とお問い合わせください。TEL 011-863-1122

矯正無料相談

  • LINEで送る

子供の歯並びについて大切なこと

子供の歯並びについて大切なこと

3歳くらいからみてあげる

将来のお子様の笑顔のことを考えて、お父様やお母様にしか出来ないことがあります。素晴らしい歯並びと、人前で自信を持って笑えることは、お子様の将来に対する、大きな贈り物となるはずです。欧米では、「白い歯と歯並びのよさ」は、一目でわかるブルー・ブラッド(育ちの良さ)あるいは知性の象徴となっています。特に多民族国家であるアメリカでは、学校などでより良い友達を作るためにも、ビジネスの世界で成功するためにも、相手に好印象を与える「白い歯と歯並びのよさ」は必須な条件の一つとなっています。

歯並びを早い時期から改善することは、ただ単に見た目を良くするだけでなく、健全な成長や健全な発育に、大変重要となってきます。子供のうちに歯並びをしっかりと直すことには、過去の研究活動などにより証明されている「8つのメリット」があります。

  • 歯を守る

    前歯で食べ物をかみ切り、奥歯でしっかりとすり潰すことができると、それぞれの歯に、かむ力がバランスよくかかり、将来にわたって、歯の根やアゴの関節が、不正なかむ力によって痛んでしまうことを防いでくれます。

  • 虫歯を予防する

    歯並びに問題があると、歯磨きなどが十分できない部分ができてしまい、虫歯や歯肉炎、歯周病になりやすくなります。特に、乳歯や萌えたての永久歯は歯質が弱く、子供の時期から歯並びに問題があることで虫歯のリスクが非常に高くなるため、早い時期からの歯並びの管理は、虫歯予防にとって非常に有効となります。

  • 姿勢や呼吸を整える

    早い時期から歯並びの管理を行うと、不正な歯並びによって起こる唇の閉鎖不全や、舌の位置異常が原因で起こる口呼吸や猫背などの呼吸や姿勢の問題を、早い時期から改善できるので、全身の健全な成長と発育を促してくれます。

  • 記憶力を良くする

    咬み合わせを改善することで、脳の活動が活発になります。そのことで、脳内において、咀嚼に関わる領域のそばにある、記憶を司る領域も活発化するので、記憶力が向上します。咬み合わせを改善することで、脳の活動が活発になります。そのことで、脳内において、咀嚼に関わる領域のそばにある、記憶を司る領域も活発化するので、記憶力が向上します。

  • バランス感覚を良くする

    かみ合わせを改善することで、かみしめた時のアゴのずれが改善するので、バランス感覚や全身の筋肉の瞬発力が向上します。

  • 言葉がはっきりする

    かみ合わせや歯並びを改善すると、唇や舌の動きが改善されるので、発音機能が向上します。

  • 歯の怪我を防ぐ

    上の前歯が出ている子供は、正常な子供に比べ約5倍前歯を怪我で損傷するリスクが高いというデータがあります。前歯のかみ合わせを改善することで、前歯の外傷リスクを減らすことができます。

  • 笑顔が増える

    歯並びを整えることで、笑顔に自信が出てくるので、明るく積極的な性格に変化することが証明されています。

このように、子供にとってとても大きな「8つのメリット」を、できるだけ獲得していくためには、できるだけ早い時期から歯並びの管理をしていくことがとても大切で、特に、呼吸、姿勢、発音、食べ方は、3歳~8歳くらいまでに発達・成熟してしまうとされていますので、この期間を過ぎてから改善しようとする場合、特別な訓練が必要なことが多く、その訓練は、年齢が上がってから始めるほど困難になるとされています。

3歳までの年齢では、歯並びやかみ合わせが非常に不安定ですので、歯が萌えたり、アゴの成長発育により大きく歯並びやかみ合わせは変化していきます。例えば、3歳以下の(乳歯が萌えそろう前の)反対咬合は50%以上自然に治るといわれており、反面、3歳を越えると、かみ合わせは安定しますので、歯並びやかみ合わせの傾向も顕著に現れてきます。このようなことからも、子供の歯並びは、「3歳以上のできるだけ早い時期」からみてあげる(お父様やお母様の方で管理してあげる)ことが重要ではないかと考えています。

小児矯正はとても大切

子供の矯正治療は、欧米では90年以上前から取り入れられています。小児矯正は、顎の骨のバランスや大きさを整える「Ⅰ期治療(骨格の矯正)」と、歯の位置を整える「Ⅱ期治療(歯列の矯正)」からなる2段階の治療です。特にⅠ期治療は、骨自体が柔らかく骨と骨のつなぎ目も緩い時期・タイミングで行う必要があり、3歳から12歳くらいまでの期間となります。Ⅰ期治療をしっかりと行うことで、将来、かみ合わせを治すために歯を抜いたり、外科的にアゴの骨を切る可能性を減らすことが可能です。さらに、Ⅰ期治療でアゴの骨を整えて、

永久歯がきちんと並ぶための土台・スペースができるため、Ⅱ期治療そのものが必要ない場合もあったり、部分的な歯列矯正で済むケースが多くなります。 小児矯正と、大人になってからの一般的な矯正との一番の違いは、 顎が狭いとか、受け口であるなどの、骨格的な不正を改善できる点です。

  • 「骨格的な異常のある歯並びの問題を解決できる。」
  • 「歯並びの問題が軽症な場合は、治療期間や費用が少なくて済みます。」
  • 「見た目や、咀嚼、発音、呼吸、姿勢などの機能、全身の発育を改善できる。」
  • 「装置による違和感はあるが、治療に伴う痛みが非常に少ない。」
  • 「萌えたての永久歯の虫歯リスクを減らせる。」

お口の健康も同時にみる

Ⅰ期治療の、顎顔面矯正では、固定式の矯正装置を使用します。矯正装置は、固定式ですので、子供が勝手に外してしまったり、毎日つけるように促したりといった、お父様やお母様の負担はありません。
ただ、小児矯正をしている3~10歳くらいは、もともと虫歯になりやすい時期ですから、しっかりとした予防・管理が必要となります。当クリニックにおいては、矯正治療のみの歯科医院ではないので、お子様のお口の健康管理も合わせて行っております。虫歯がある場合は、矯正治療の前にキチンと治し、必要な予防処置も行ってから、矯正治療を開始します。

子供の歯並び顎顔面矯正

 診療受付時間
月・水・木9:20~12:00 14:30~18:00
火・金9:20~12:00 14:00~18:00
9:20~12:00 14:00~16:00
休診日日曜・祝祭日

三好プリベント歯科

札幌市白石区平和通3丁目北5-22 JR白石駅すぐ

「矯正サイトを見た」とお問い合わせください。TEL 011-863-1122

GoogleMAP

アクセス詳細へ